【進化し続ける文化】相手の心に響く電報を!

現在の電報は進化してきた!

電報と聞くと古臭いイメージを持っている方も少なくないはず。でも最近は電報界も現代風に変わってきました。その現代風というのは一体どういったものなのか?電報の種類と気になるマナーについて説明していきましょう。

電報の種類を知ろう!

電報

結婚式のお祝い

結婚式での電報を聞いたことがある方も多いです。電報と言えば結婚式と言われるくらいです。どうしても参加できなかった友人や上司などが利用します。

入学・入園する子供へ

離れている家族や親族から、入学入園をお祝いする場合に利用されることが多いです。主にメッセージと可愛いギフトなどをあわせて贈るケースが多いです。

誕生日に贈る

入園と入学と同じように、子供に対して贈る電報です。そのため、可愛いぬいぐるみなどが付いている祝電なら、喜ばれること間違い無し。

お悔やみ

やむえない事情でお通夜や葬儀に参列できない場合に送ります。会社関係、故人と親交のある方が利用されることが多いです。例文なども専門サイトなどであるので、もし利用する場合は参考にすると良いです。

【進化し続ける文化】相手の心に響く電報を!

花

電報のマナーを知っておくべき!

電報は相手に思いを伝える手段になるので、マナーとして一番必要なのが、相手を思う気持ちです。例えば結婚式の祝電なのに誹謗中傷すると、あからさまなマナー違反です。相手に対しての感謝を込めることが大事です。

電報

電報を選ぶ理由

わざわざSNSやメールがあるのに、どうして電報なんか?と思う方も少なくありあせん。電報の魅力は、感謝の言葉と一緒にギフトを贈れることです。感謝の言葉、お祝いの言葉と一緒に花やぬいぐるみなどのギフトがあると、より一層の気持ちが伝わります。

良い電報を送ることが大人のマナー

電報は式に参加できなかった場合に利用されることが多いです。そこに自分がいないけど言葉を伝えることができるため、マナーの良い、ちゃんとした文章を贈ることが大事ですよ。

広告募集中